家族じかんを楽しむためのブログ

間取りを自分で考えるのはあり?自作間取りでも快適な暮らしになる秘訣

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
住宅展示場で、某大手ハウスメーカーに希望予算を伝えたら鼻で笑われ、ペンを置かれ話すらしてもらえなかった主婦。 それでも情報収集を諦めなかったおかげで、低予算✖️家事楽の快適ハウスが完成〜!家づくりとおうち時間を楽しむ情報を発信中! Instagramフォローワーさん3万人♡YouTubeで動画公開中!
詳しいプロフィールはこちら

 

注文住宅の打ち合わせが始まったけど…

 

「間取りって自分で考えてもいいの?」

「専門的なことだから建築士さんにお任せするべき?」

「なかなか理想の間取りが提案されなくて困ってる!」

 

って、間取りについて悩むことありませんか?

 

私は打ち合わせ始まっても提案される間取りがなかなかしっくりこなくて、めっちゃ頭悩ませたよー!

さくら

 

 家事楽な動線にしたい!

 片付けが楽な収納の配置にしたい

 和室とLDKは横並びにしたい♡

 

などなど、こんな間取りにしたい!ってゆー希望は出てくるけど…

 

素人が考えた間取りだと、実は住みにくい?

強度的に大丈夫?

そもそも自分の希望通りの間取りってどうやって考えたらいいの?

 

などなど

素人が間取りを考えても大丈夫なのか問題

はけっこーみんな思うことみたいです。

 

なので今日は…

 

  • 注文住宅の間取りを自分で考えるときのポイント
  • 注文住宅の間取りを自分で考えるときの注意点
  • 自分の希望をハウスメーカー以外の人に形にしてもらう方法

 

この3つをまとめたいと思います!

 

ちなみに私が今住んでるおうちは

自分で間取りを考えて、

強度など専門的なことは、建築士さんにチェックしてもらった家です。

 

理想の間取り・動線が実現できて、かなり住みやすいおうちだよー!

さくら

 

自分で間取りを考えた私の経験が少しでも役に立つと嬉しいです

 

ではいってみよ〜!

 

注文住宅の間取りは、プロの建築士さんが考えたものがBEST?

 

間取りを考えるときに、こんな言葉を聞きました。

 

「家づくりに関して、施主は素人なんだから、間取りに関しては建築士さんの意見を優先して取り入れた方がいい。」

 

その言葉を聞いた時の私は、こう思ってました。

「そうだよね…

いろいろヒアリングしてくれた上でだしてくれた間取りだし、

構造のこととかも考えてくれて出してくれてるんだから、

建築士さんの意見の方がきっといいよね…」

自分であれこれ口出して、住みにくい家になっても嫌だもんね…」

 

私たち(施主)=素人

建築士(設計士)さん=プロ

 

だから、迷った時はプロの意見を取り入れた方がいいい気がしますよね!

 

でも、本当にそうなのか?

実際に家づくりが終わって、住んでみた私のたどり着いた答えはこれでした!

 

注文住宅の間取り・施主が自分で考えるのも「あり」!

 

我が家の間取りはこんな感じです。

これは、家の外枠だけ、建築士さんが考えたもので、中の間取りは全て私が考えました。

 

最初の間取りはこうでした。

 

この間取りは、初回打ち合わせで、どんなおうちにしたいか?私たち施主にヒアリングしてれた内容をもとに建築士さんが考えてくれたものです。

 

結論から言うと…

建築士さんが考えた間取りから、私が自分で考えた間取りに、これだけ大きく間取りを変更しても、住みにくくなった!!ということはありませんでした。

 

建築士さんが提示してくれた間取りは、確かに、私たちの希望がしっかり入った間取りでした。

 

でも、なぜかずっとしっくり来なくて…

だからといって、ボツ!といえるほど、気に入らないわけではない…

 

  • 建築士さんが考えてくれた間取りだから、住みにくいわけじゃないだろうし…
  • 希望は入ってるし、それをわざわざ変更するのもなぁ…
  • 自分の考えた間取りにして、逆に住みにくくなったらどうしよう…

 

そう思ってずっとモヤモヤしてました

 

でも、モヤモヤしたままおうち作りを進めるのは嫌だったので、

思い切って自分の考えた間取りを提案したことで、今の間取りに決定したのです。

 

注文住宅の間取りを自分で考えるときのポイント・注意点

 

我が家が自分達で考えた間取りでうまくいったポイントはこの5つです。

 

 

1)建築士さんが提案してくれた間取りがベースにあった

2)なぜこの間取りにしたいのか理由も合わせて伝えて、話し合った

3)家の構造的に問題ないか?問題あればどうしたらいいのか一緒に話し合った

4)窓やドアなど干渉する箇所がないか確認してもらった

5)間取りを変更することで出てくるデメリットや問題がないか考えた

 

 

1)建築士さんが提案してくれた間取りがベースにあった

 

私たちが、自分達で間取りを考えてうまくいった要因として…

「建築士さんが考えてくれた間取り」というベースがあったことはかなり大きいです。

 

私たちのハウスメーカーでは、「1階の角の数が7こ以上だと、追加料金がかかる」と言われていましたし、

建築士さんが提案してくれていた間取りの中にあった、「玄関から見えるお庭の木」はとても気に入っていたので変更したくなかったんです。

 

なので、外壁の形や玄関はそのままにして、その他の間取りを変更しました。

 

間取りの一部を自分で考えたって感じですね。

さくら

だからうまくいったのかもしれません。

 

家の形から変えて、何でもかんでも思うように並べてたらうまくいったかどうかは謎です…

 

2)なぜこの間取りにしたいのか理由も合わせて伝えて、話し合った

 

自分で考えた間取りにを建築士さんに提案する時は、

「この間取りにしたいです!」

という言い方ではなく…

どこをどう変えたくて、この間取りにしたいのかを伝えるのが大事だと感じました。

 

【Before】

【After】

 

私の場合…

◎ファミクロはリビングの隣にしたかった

リビングの空調が届くようにしたかった&リビング収納も兼ねたかったので少しでも近くがよかった

 

◎キッチンから脱衣所に続くようにしたかった

キッチン・脱衣所・ファミクロ・リビングの回遊動線が欲しかった

 

この2つは家づくりにおいて、

絶対優先させたいことでしたが、ヒアリングの際に私がうまく建築士さんに伝えられてなかったんですよね。

 

なので、

この希望を優先した間取りがいいことを伝えました。

 

 

なんで、この間取りにしたいのか?を合わせて伝えるのが大事な理由は…

 

なんでこうしたいのか?が伝われば、建築士さんから別の提案があるかもしれないからです。

 

 

この間取りがいいです!と施主が言い切ってしまえば、ハウスメーカーは従わなきゃいけないし、デメリットに気づいてたとしても言えない雰囲気になることも…

 

そうなると、素人の独りよがりの間取りになってしまうので、失敗する可能性も出てきます。

 

3)家の構造的に問題ないか?問題あればどうしたらいいのか一緒に話し合った

 

私が自分で間取りを考える中で、1番不安だったのは構造のことでした。

 

素人は、構造のことは全くわかりません。

間取りを変えることで、壁の位置がずれて、家の耐震性が低くなったりしたら困ります。

 

なので、

可能なら、この間取りでいきたいと思ってますが、構造的に問題ないですか?

直下率など、構造的に問題がある場合は、そちらを優先させたいと思いますので教えてください。」

と、お伝えしました。

 

こちらから言わなくても、耐震性に問題がある場合は、教えてくれると思いますが…念のために!

さくら

 

現に、私が考えた間取りでは、家の耐震に関係する「直下率」が低くなりました。

 

セカンドオピニオンで我が家の我が家の間取りをみた建築士さんも「直下率の低さが気になります」と言ってたほどです。

 

でも…

実際の耐震問題は、直下率以外のところで建築士さんがカバーしてくれたので、構造的な不安もクリアできました

 

セカンドオピニオンで「直下率が気になる」とおっしゃってた建築士さんも、間取り図以外の全てのデータを見たあとは、

「直下率は、重心の検討でOKの判定なので 問題ありません。」とおっしゃってくださいました。

 

構造・耐震など専門的なことは建築士さんにおまかせした方が安心だね

さくら

 

4)窓やドアなど干渉する箇所がないか確認してもらった

 

あとは、窓やドアなどが干渉しないかも、みてもらうのも大事!

干渉するかどうかは、図面をみただけで、私たち素人にはわかりにくいからです。

 

◎前の間取りでは引き戸だったものが、開戸しかできなくなった。

◎窓が収納の扉と干渉する。

など、間取りを変更することで出てくる不具合もあるので要チェックです!

 

5)間取りを変更することで出てくるデメリットや問題がないか考えた

 

窓や扉の干渉の他にも、問題になるところはないか?も、建築士さんにみてもらうと失敗が少なくなると思います。

 

我が家の場合…間取りを変えることで

◎廊下ができるため、LDKが狭くなり、パントリーもなくなる

◎キッチンの勝手口がつけられなくなる(勝手口上のひさしもなくなる。)

◎階段の位置が変わり、スケルトン階段にできなくなる

◎ワークスペースを独立して取れてたのに階段下になる(階段収納がなくなる)

というデメリットも出てきました。

 

建築士さんは、本当にこれで大丈夫ですか?と全て確認してくれました。

 

それは、パントリーもスケルトン階段も階段収納も私たちの希望の中にあったものだからです。

でも、私たちの中では、優先順位が低いものでした。

 

ファミクロやランドリールームの位置の方が私たちにとっては優先度が高かったので、このデメリットは納得できました。

 

おうちができたあと、実際に住むのは、私たちです。

建築士さんの考える一般的なデメリットが自分たちに当てはまるかどうかはわかりません。

 

ただ、このデメリットに気づかないまま話を進めて、あとで気づいても遅いです。

かならず建築士さんから見る間取り変更のデメリットは聞いて、本当に問題ないか考えてみてくださいね

 

自分の希望を「ハウスメーカー以外の人」に形にしてもらう方法

 

我が家では、建築士さんが提案してくれたベースをもとに、間取りを自分で変更して、成功しましたが…

 

▲▲▲

実際はこんな人も多いはず。

 

そんな人にとても人気のサービス「間取りのセカンドオピニオン」って知ってますか?

 

間取りのセカンドオピニオンとは…

ハウスメーカーから提案されている間取りの診断をしてもらえるだけじゃなく、

こっちの間取りの方がいいですよ!とアドバイスをもらえたり

全く違う間取りを提案してもらえたりします。

 

 

ココナラの「間取りのセカンドオピニオン」 が人気なので、私も利用してみたんですが…

 

家づくりに対する要望はまったく同じなのに、全然違う間取りがが出来上がってきましたよ〜!

 

\返ってきた間取りはこれ/

家事楽動線はそのままに、ワークスペースやパントリーも追加され、LDKの採光も増えました

 

きちんと資格をもった建築士さんが新たに間取りを考えてくれるサービスだから、構造や耐震性もしっかりチェックしてくれるよ〜◎

さくら

 

自分で間取り考えるのも限界があるな〜と思う場合は、

ココナラの「間取りのセカンドオピニオン」

のぞいてみてください

 

間取り作成で煮詰まってた頭に、ふっと新しい風が入って、こうすればいいのかー!が見つかる感じです

 

\間取りで後悔したくないなら/

 

リアル体験談はこの記事にまとめています。

 

もしまだ「ハウスメーカー契約前」

間取りに悩んでるよ〜って人はラッキー!

 

無料で間取りを作成してもらえる「タウンライフ家づくり」というサービスもあります。

ただこれは、資料一括請求サイトなので、間取り作成の専門サイトではないです。

 

間取りを作ってもらえるサイトとして紹介してるブログ等もありますが…

ココナラの間取りのセカンドオピニオンのようなサービスではないので、そこだけご注意くださいね

 

 

\利用者のリアル口コミまとめ/

 

注文住宅の間取り・自分で考えるのはあり?なし? まとめ

 

注文住宅の間取り、施主が自分で考えるのはあり?なし?

 

私が出した結論は…

建築士さんが考えてくれた間取りをベースにして、

自分たちの要望が本当に入ってる間取りを、自分で提案するのはぜーーーーんぜん問題ない!でした。

 

ただし!

 

なぜその間取りにしたいのか?という理由を、しっかりと建築士さんにもお伝えして

◎他の考え方はないのか?

◎希望通りの間取りにすることでデメリットはないのか?など

一緒に考えていくのがBEST!だと思います

 

 

相談も何もせず、「この間取りでいきます!」は失敗しか想像できない〜

さくら

 

そして、自分達で間取りを考えたいなと思いつつも、なかなかうまくいかない場合は、間取りのセカンドオピニオンというサービスを利用してみるというのも1つの手だと思います。

 

 

一般的な家づくりのメリットデメリットに流されすぎず、自分たちの住みやすい家を見つけたいですね♡

 

 

では\(^o^)/

 

これもチェック!

 

間取りのセカンドオピニオンサービスについてもっと知りたい!

 

家づくりのやってよかったこと10選

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
住宅展示場で、某大手ハウスメーカーに希望予算を伝えたら鼻で笑われ、ペンを置かれ話すらしてもらえなかった主婦。 それでも情報収集を諦めなかったおかげで、低予算✖️家事楽の快適ハウスが完成〜!家づくりとおうち時間を楽しむ情報を発信中! Instagramフォローワーさん3万人♡YouTubeで動画公開中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© さくらいろほーむ , 2022 All Rights Reserved.