おうち大好き!ズボラ主婦のさくらが毎日を楽に楽しく快適に暮らすためのブログ

クリスマスにまだ間に合う!我が家のツリー選びの5つのポイント

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡に住む新米主婦さくらです。 2016年マイホーム計画開始! 一旦中断するも、2019年に念願のマイホーム完成。 「ズボラ主婦が少しでもキレイに快適に暮らせるお家を作りたい!」 という思いで更新しています^^ 家づくりのヒントやアイデア・お家で過ごす時間が楽しくなるためのヒントになったら嬉しいです。

 

11月になったら、インスタはクリスマスツリーの投稿ばっかり!

おしゃれさんは季節感を先取りするものなんだな

 

そんな投稿を見ながら私もずっとツリーほしいなーって思ってました。

思い続けて1ヶ月。笑

 

12月の楽天スーパーセールでやっと買うことができたので、今日はクリスマスツリーを買う時のポイントをまとめます!

 

 

我が家のクリスマスツリーはこれ!

 

 

楽天スーパーセールを利用してこのツリーを買いました!

 

たぶんこのツリーも同じものじゃないかなー・・・

 

スーパーセールが始まる前は、私の買ったツリーの方が安かったのに、スーパーセールでは、下のツリーの方が100円安くなってて・・・

でも気づかなくて、上のやつ買いました

セール中はちゃんと価格確認しないとだね・・・

 

クリスマスツリーを選ぶ5つのポイントとは!?

 

私はこの5つのポイントでツリーを選びました!

1)ツリーの色

2)ツリーの枝の根元

3)枝の雰囲気

4)価格

5)大きさ

 

1)ツリーの色

 

クリスマスツリーの色もたくさんありますよね!

・白・ピンクなどなど。

ネットでどんなツリーがいいかなーってみてた時に、私が目に付くものはいつもくすんだ緑でした。

 

「私が好きなのはくすんだ緑のツリーだ!」

 

そう感じで、くすんだ緑に絞って探し出しました。

最初に自分の好きなツリー色のを決めると選びやすいです^^

 

2)ツリーの枝の根元

 

あれこれ調べていくうちに、ツリーの枝の根元部分は、ヒンジ式のものとそうでないものがあることがわかりました!

ヒンジ式ってこんなの。

 

ツリーの枝の部分は針金で曲げるものが多いんだけど、根元はヒンジ式のものの方が強いみたい!

何十年も使うツリーだから、少し高くても、丈夫なものがいいなーと思ってヒンジ式のツリーから選ぶことにしました。

なんでもいいやーって思う人は気にしなくてOK!

ヒンジ式じゃないものの方が安いイメージでした。

 

あと、実際に組み立てて思ったけど、ヒンジ式だと、枝が一気にバッて開くから楽だった〜

 

3)枝の雰囲気

 

ツリーの種類もたくさんあって、

  • 枝が詰まってるもの
  • わざと枝がスカスカで飾りを見せるもの

など様々!

 

「IKEAのツリーすかすかやーん!」ってゆったけど、そーゆータイプのツリーだったんだなーってあとで知って反省。

IKEAさんごめんなさい!

 

どんなツリーの雰囲気がすきなんだろ〜って考えながらいろんなツリーの形をみると◎

私は、枝がもっさりしてて、幹が見えないくらい詰まってるものが好き!ってわかりました。

ノルディックスノーツリーって言うみたい。

 

そして、枝がなるべくリアルなものがいいな〜って思いながら探しました。

 

4)価格

 

どんなに欲しくても高いとやっぱり買えないよね・・・

 

私も今書いたような好きな感じのものを探してたんだけど、私の欲しいツリーって、高いものが多い!笑

なんでよ

 

  • グローバルトレード
  • アルザス
  • スタジオクリップ

この辺りが気になって・・・

 

「あー可愛い!買っちゃう?」

「あーでも高い・・・」

を何十回も繰り返しました

 

1万円くらいで・・・高くても1万5,000円くらいで、あったらいいなーと思いながらずっと楽天とAmazonを眺めてました。

 

 

5)大きさ

 

好きなツリーが決まったら、価格と同じくらい大事になるのが大きさ!

ツリーのサイズ展開で多いのはこの5つ。

  • 90cm
  • 120cm
  • 150cm
  • 180cm
  • 210cm

もちろん他のサイズもありますが、この5つのサイズをよく見ました!

 

我が家は吹き抜けありません。

天井高は普通に240cm。

 

なので、1番大きくても、180cmまでのツリーしか置けんなーって思ってました。

「でも、180でも十分大きいし、180にしよう!」

そう思ったんですが・・・

 

ツリーって、幅も考えないといけないんですよ!!

私最初、気づいてなくて。笑

それに気づいてからは、180置けないかも…ってチーンってなりました。

 

だって、180cmのツリーだとだいたい幅100cmくらい。

細身なタイプのスタジオクリップでも70cmくらい。

 

  • 我が家に幅100cmも置ける場所ある?
  • やっぱり、幅も狭めの150が妥当?
  • すこし通路や部屋が狭くなってもクリスマス時期限定やし、180買っちゃう?

って、ここでもめっちゃ葛藤しました。笑

 

結果、私は子ども達に聞いてみました!

「パパより大きいツリーとママよりちょっと小さいツリーどっちがいい!?」

(ちなみにパパは175cm、私160cmです。)

 

そしたら次男は迷わず・・・

「パパより大きいツリーがいい!!!!!」

即答でした。笑

 

ツリー選びの時に店舗でいくつか実物を見たんですが、その時に

「次男ちゃんと同じくらいの大きさのツリー(90cm)と

にーにと同じくらいのツリー(120cm)と

ママよりちょっと小さいツリー(150cm)と

パパより大きなツリー(180cm)があるね!」

って話したのを覚えてたみたいでした。笑

 

「前、一緒にチュリーみたでしょ!?その時パパより大きなチュリーがいいってゆったやん!」

 

えぇ。あなた言ってましたね。笑

よく覚えてましたね。

 

ってことで、我が家は次男の一声で180cmになりました。

 

まとめ

 

クリスマスツリーを選ぶ5つのポイントを実体験を交えながらまとめてみました^^

1)ツリーの色

2)ツリーの枝の根元

3)枝の雰囲気

4)価格

5)大きさ

 

どんなツリーでも飾るとやっぱりテンションあがりますね!

まだオーナメントはかざってないので、子ども達と一緒に飾りたいと思います。

 

 

今回の記事がツリー選びで悩んでる方にとって、少しでも参考になったらうれしいです〜!

では\(^o^)/

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡に住む新米主婦さくらです。 2016年マイホーム計画開始! 一旦中断するも、2019年に念願のマイホーム完成。 「ズボラ主婦が少しでもキレイに快適に暮らせるお家を作りたい!」 という思いで更新しています^^ 家づくりのヒントやアイデア・お家で過ごす時間が楽しくなるためのヒントになったら嬉しいです。

 

後悔しないおうち作りのためには・・・

自分にあったハウスメーカーをしっかりと見つけることが大事!

気になるところのモデルルームを全部回るのはかなり体力も時間も使うから無理

子連れならなおさら厳しい

途中で息切れしちゃいます。

 

そうなる前に!

タウンライフを使って間取り・見積もり・土地情報3分でGET

おうちにいながら、ゆっくり・賢く比較できる〜◎

ローコスト住宅にも対応

 

 

 

 

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さくらいろほーむ , 2019 All Rights Reserved.