めんどくさがり主婦が作った!予算内✖️家事楽ハウス

子連れで住宅展示場見学は死ぬ!3歳1歳ママが実感した労力半減の秘訣とは?

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
住宅展示場で、某大手ハウスメーカーに希望予算を伝えたら鼻で笑われ、ペンを置かれ話すらしてもらえなかった主婦。 それでも情報収集を諦めなかったおかげで、低予算✖️家事楽の快適ハウスが完成〜!家づくりとおうち時間を楽しむ情報を発信中! Instagramフォローワーさん3万人♡YouTubeで動画公開中!
詳しいプロフィールはこちら

 

「子連れでモデルルーム見学、死んだ…」

「住宅展示場、子どもと一緒に回れない…」

「やんちゃな子どもと一緒に、物件の見学なんてほんと無理!」

 

「そう思ってる人、集合〜!」

 

私が家づくりに興味を持ち出したとき、上の子3歳、下の子0歳でした。

男の2人で、とにかくじっとしてない

わかるよね?この大変さ…笑

何も考えずに初めて住宅展示場に行った時は、ほんと死にました…

 

そこで、今回は、子連れの住宅展示場見学の大変だったことと対策をまとめてみました

見学の労力が半分になる方法も最後に書いてるので、少しでも参考になるとうれしいです!

 

 

【子連れで住宅展示場見学】大変だったことBEST5

 

我が家のBEST5はこれ!

 

1)なんでもさわろうとする

2)広いと走る

3)階段は登る

4)静かに座ってるなんて無理

5)飲食禁止

 

「わかる〜!って思うお母さん、いるよね?笑」

 

1)なんでもさわろうとする

 

もうね…とにかく手を出す、さわってみる。

 

わかるよー!

窓ガラス大きいし綺麗やし、見たことない大きな壺とかあるし、テレビもめちゃでかいしね。

そりゃさわりたくなるよね。

 

「でも親はほんとに生きた心地しないのよ!」

 

2)広いと走る

 

これ、男の子特有?女の子もあるよね?

広いと走り出す!笑

 

いや、これもわかるよ。

ろうか長いし、リビングめちゃ広いもんね。

アイランドキッチンとか、キッチンのまわりぐーるぐるできるもんね。

 

「でも、これも生きたここちせんけん、やめてくれ…」

 

3)階段は登る

 

営業さんが1階の説明をしてる途中で…

「ねぇママ!2階行っていいー?」

って、言いながらもう階段登ってる長男…

 

ママはまだここの話が聞きたいんじゃー!と思いながらも、

「すみません…」と頭を下げつつ、2階へ行った長男を追いかける…

 

4)静かに座ってるなんて無理

 

座って営業さんに詳しい話を聞いてる時…

もちろん大人しくなんて座ってないよね。

 

営業さんが出してくれたジュースも、秒で飲み干す我が家の怪獣男子2人

ゆっくり話を聞くなんて無理ゲーでした

 

5)飲食禁止

 

モデルルーム、住宅展示場って、飲食禁止のところも多いんですよね…

 

なのに子どもたちはお菓子!お菓子!と、大合唱

 

飲食OKのスペースがあるところであればまだいいんだけど…

いや…

飲食OKでもあちこちこぼすから、そっちが心配で結局見学に集中できないか。笑

 

【子連れでモデルルーム】少しでもスムーズに見学するための対策

 

何も考えずに子連れ見学に行った私が学んだ対策はこの5つ!

 

1)どんなところに行くか、きちんと話しておく

2)手を離さない

3)キッズルームがあるかチェック!

4)聞きたいことはまとめておく

5)時間に余裕を持って予定を組む

 

ひとつずつ説明しますね〜!

 

1)どんなところに行くか、きちんと話しておく

 

「今日は、新しいおうちを見学に行きます!

すごく広いお家だけど、人のおうちなので、走り回ったり、暴れたりはできません。

約束できますか?」

と、どこに何をしにいくのかを子どもたちに説明しました。

 

もちろん説明したからといって、暴れないわけじゃないんだけど…

展示場で暴れ出したときに

「お家で約束したことなんだっけ?」

と話すことで、一旦ブレーキがかかり、テンションがあがって収集がつかなくなる事態は避けられました。

 

家づくりなんて子どもはまだわからないだろう…と思うけど、ちゃんと話すことって大事ですね

 

2)手を離さない

 

対策か?って感じだけど…

とにかくもう、これに尽きる

手を離さない。

目を離さない。

 

約束をしてから見学すると、手をつないでくれている確率もあがりました〜。

 

3)キッズルームがあるかチェック!

 

ある程度、年齢が大きくなってくると、キッズルームがある展示場だとかなり楽です♡

事務のスタッフの人が見ててくれたりするところでは安心して、見学ができました。

 

✔︎ 何歳から預けられるのか?

✔︎ おやつなどの持ち込みはOKなのか?

など、見学前に事前に確認するといいですよ〜!

 

4)聞きたいことはまとめておく

 

どんなに言い聞かせても手を繋いでても、キッズルームに預けてても…

子どもたちの機嫌はいつ悪くなるかわからない!笑

 

なので、前もって聞きたいことをまとめておくと、短時間で見学ができて◎

 

✔︎ 希望の地域に土地はあるのか?

✔︎ 標準設備はどんなものなのか?

✔︎ 希望を入れ込んだ見積もりは作ってもらえるのか?

✔︎ 予算はどれくらいなのか?

✔︎ 構造はどんな感じなのか?

などなど、聞きたいこともたくさんあると思うので、メモしておくといいよ〜♡

 

「複数のハウスメーカーで同じ質問をすると、営業さんの対応を比べることもできるしね。」

 

5)時間に余裕を持って予定を組む

 

これも、めちゃくちゃ大事〜!

「見学なんて30分もあれば余裕やろ〜」とか思ってても、実際に見学してみると…

1時間以上経ってた!なんてこともありました。

 

「そりゃ子どもたちも退屈して大暴れするわ…」

 

そして子どもたちが暴れ出すと、余計に時間がかかる…みたいな悪循環

なので、じっくり見学したい・いろいろ話を聞いてみたいハウスメーカーの見学は、時間の余裕を持って行くことも大事でした◎

 

労力が半分に!見学前にしてほしいこと

 

子連れで住宅展示場の見学は、あれこれ対策してても、ほんとに大変です!

 

でも…

実際に見学に行く、ハウスメーカーを絞っておくと…

見学にいくハウスメーカーも減らせるので、労力も一気に減ります!

 

「住宅展示場にある、ハウスメーカーを3,4件はしごしようと思うこと自体が無謀なのよね!」

 

どうやって見学前にハウスメーカーをしぼるれるのか?

それは…一括資料請求です。

 

一括資料請求すると…

✔︎ 届く資料の数・届くイベント案内の数

✔︎ 連絡してくる営業さんの印象

✔︎ 資料に載ってる家の印象・間取り・価格

なとなど、ハウスメーカーによってかなり違うことに気づくんです。

 

で!

  • なんかCM見て良さそうだったけど、資料はそうでもないな…
  • 資料はいいけど、担当さんまくしたてる感じで苦手だな…
  • 資料見るまで知らなかったけど、この家の造りいいな

と、ハウスメーカーを比較することができるんですよ〜!

 

もちろん資料請求は、それぞれのハウスメーカーで1つ1つ請求することもできるけど…

めちゃんこめんどくさいし、時間もかかる

 

「一括資料請求できる会社は、一括請求して、一括請求できない地元の工務店とかを、それぞれのHPから請求すると、かなり時短になるよ〜!」

 

▼一括資料請求についてはこの記事▼

 

子連れで住宅展示場見学!大変なことと対策【まとめ】

 

「子連れでモデルルーム見学するの…ほんとに大変だよね!

しっかり対策して臨まないと、ほんとに死ぬ。笑」

 

だから、資料請求で、見学に行くハウスメーカーをしっかり選別してから、見学に行くのが、時短にもなるし、効率的で◎

 

「私のような失敗を、皆さんはしないようにお気をつけください〜!」

 

 

では\(^o^)/

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
住宅展示場で、某大手ハウスメーカーに希望予算を伝えたら鼻で笑われ、ペンを置かれ話すらしてもらえなかった主婦。 それでも情報収集を諦めなかったおかげで、低予算✖️家事楽の快適ハウスが完成〜!家づくりとおうち時間を楽しむ情報を発信中! Instagramフォローワーさん3万人♡YouTubeで動画公開中!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さくらいろほーむ , 2021 All Rights Reserved.