おうち大好き!ズボラ主婦のさくらが毎日を楽に楽しく快適に暮らすためのブログ

マイホームを建てたい!あなたはいくらの家を建てられるのか知ってますか?

WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡に住む新米主婦さくらです。 2016年マイホーム計画開始! 一旦中断するも、2019年に念願のマイホーム完成。 「ズボラ主婦が少しでもキレイに快適に暮らせるお家を作りたい!」 という思いで更新しています^^ 家づくりのヒントやアイデア・お家で過ごす時間が楽しくなるためのヒントになったら嬉しいです。

 

 

そう思ったとき、あなたはいくらのお家を建てますか?

 

 

「3000万!」

「3500万!」

「2000万!?」

 

 

「こんにちは!福岡の専業主婦さくら(@sakurairo_home)です」

 

私が家を建てたいと思った時、なんとなく、漠然と、3,000万円くらいかな〜と思っていました。

 

なぜかって???

 

根拠も理由もない!!!笑

 

 

ただ、なんとなくこれくらいかな〜と思っていました。

 

でも、こんな感覚で家を建てるのやつは・・・

大バカ者ーーーーーーーー!!!!!

 

家は、人生で1番高い買い物だととも言われます。

それを、なんとなくの価格で決めるのは危ないですよね!

 

では、「我が家はいくらの家が建てられるのか問題!」を今日は解決していきます^^

 

 

いくらの家を建てられるのか?それを知るには「〇〇」が必須!!!!

 

ただなんとなく、「3,000万の家にしようかな〜」とか、「月10万円くらいの支払いなら大丈夫だな〜」と思って家を決めるのはは本当に危険です!

 

なぜなら・・・

今の金銭感覚で、30年後もいられるとは限らないから!!

 

だから、「ライフプランのシュミレーション」が必須なんです!!!!

 

 

私の家は今5才と3才の男の子がいます。

幼稚園と保育園に通っています。

 

でも、10年後、長男は15才・次男は13才。

今は通っていない塾にもきっと通っているだろうし、部活もしていると思います。

そして、食費も絶対あがってますよね!!!

 

「男の子2人だもん。いまからでも考えるの怖いわ!笑」

 

 

さらに5年後・・・長男は20才・次男は18才!

大学資金が必要な時期です!

毎月の塾代より、さらにお金がかかります・・・

県外の大学に行って、仕送りとかすると考えると、いくらお金がいるのよ!!!!って感じです。

 

 

「ぼんやり考えるだけでも、こどもにお金がかかるのがわかる!」

 

今は大丈夫でも、10年後、20年後までしっかり家賃を払い続けられるのか?ちゃんとシュミレーションしましょう!

 

 

ライフプランのシュミレーション 具体的にはどんなことをするの?

 

私は、2回ライフプランを考えたことがあります。

1回目は、保険の加入を考えた時。

2回目は今回!家を購入する時です。

 

私がいいなと思っていたハウスメーカーさんのイベントで、無料ライフプランニング体験会があり、それに参加してきました^^

 

ライフプランの流れはこんな感じ!

1)必要な項目を入力する

2)計算する

3)いろんなプランを考えてみる

 

 

1)必要な項目を入力

 

シュミレーションに必要な項目はめちゃくちゃあります!!!

 

項目例

私が今回聞かれた項目はこんな感じ^^

  • 家族の生年月日

→今後もう一人欲しい場合はその予定も伝えます!

  • 現在の生活費

→食費雑費などだけでなく、お小遣いや携帯代、保険料などなど、とにかく生活にかかるお金全部!

  • 満期になったらお金が戻ってくる貯蓄型の保険

→今の支払いと、いつ・いくら戻ってくるのかを組み込みます

  • 子供達に支援したいお金

→結婚資金やこどものマイホーム祝いなど、ライフイベントで使いたいお金も考えます!

  • 車の購入予定

→いつ頃・いくらくらいの車に買い換えるのか?これも大事です

  • 旅行の予定

→家族旅行にどれくらいの頻度でどこにいくのか?予定をいれておきたい人は入れます

  • 退職金

→いつ退職したらいくらもらえるか知ってますか?そもそも定年まで同じところで働きますか?

  • 年金の種類

→年金の種類によって、もらえる金額も違ってきます!大事!

 

これだけでも、えーーーーって感じしませんか?笑

そんなのわからんし!って思うことも多々・・・

 

教育資金などは、公立・私立を選択し、県内・県外を選択することで、平均してかかるお金を組み込んでくれました^^

生活費も、子どもが中学生になったら、食費を増やして〜とか、子どもたちが巣立ったら、食費また減らして〜とかもしましたよ!!

仕事も、60才でやめるとか、50才でパートになるとか、考えるの面白かったです^^

 

2)計算する

 

ファイナンシャルプランナーの人に言われた項目を入力したら、あとはソフトが計算してくれました!

 

で、この生活でいくと・・・・

「毎月10万円までの支払いなら一生赤字にならずにOK!」とか

「4500万の家を買うと、この時期赤字になりますね〜」とか

本当にこの金額の家を買って大丈夫なのか!?がグラフで一目瞭然でした!

 

3)いろんなプランを考えてみる

 

ライフプランはこのあとも重要!!

 

家を買うことは、家族の生活・人生に大きな影響があるもの!

  • 子どもが私立の県外に行ったら・・・?
  • 子どもがもう一人生まれたとしたら・・・?
  • 本当はもう少し旅行に行きたいから、旅行にかかるお金を増やしたら・・・?
  • 4500万の家だと赤字だけど・・・家にはこだわりたいから、収入が増えたら大丈夫?

 

などなど、こうしたい!あーしたい!を家以外の項目も合わせて考えました。

 

 

結果!

「今の私たちの希望の人生を過ごすためには、いくらくらいの家が適正なのか」がわかる!ということです\(^o^)/

 

 

ちなみに・・・みんなはどれくらいの価格で家を建ててるの?

 

住宅金融支援機構によるフラット35利用者調査によるとこんな感じです!

注文住宅土地付き注文住宅建売住宅新築マンション
全国3,353万円2,734万円3,336万円4,348万円
首都圏3,627万円2,624万円3,669万円4,787万円
近畿圏3,408万円2,632万円3,196万円4,099万円
東海圏3,437万円2,864万円2,826万円4,082万円
その他の地域3,193万円2,791万円2,752万円3,413万円

 

フラット35利用者の中での平均なので、厳密には購入者全員平均とは違うけど、おおよそこんなもんでしょう!

 

 

「でも平均価格に惑わされず、自分にあった金額の家を建てたいですね!」

 

 

まとめ

 

私が建てられる家の価格を知るには・・・

「ライフプランのシュミレーションが必須」というお話でした^^

 

ぜひみなさんも、なんとなくで家の価格を決めないで、ここで一度じっくりとライフプランを考えてみてくださいね〜!

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
福岡に住む新米主婦さくらです。 2016年マイホーム計画開始! 一旦中断するも、2019年に念願のマイホーム完成。 「ズボラ主婦が少しでもキレイに快適に暮らせるお家を作りたい!」 という思いで更新しています^^ 家づくりのヒントやアイデア・お家で過ごす時間が楽しくなるためのヒントになったら嬉しいです。

 

後悔しないおうち作りのためには・・・

自分にあったハウスメーカーをしっかりと見つけることが大事!

気になるところのモデルルームを全部回るのはかなり体力も時間も使うから無理

子連れならなおさら厳しい

途中で息切れしちゃいます。

 

そうなる前に!

タウンライフを使って間取り・見積もり・土地情報3分でGET

おうちにいながら、ゆっくり・賢く比較できる〜◎

ローコスト住宅にも対応

 

 

 

 

 

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© さくらいろほーむ , 2018 All Rights Reserved.